プロペシアの効果と副作用

プロペシアの効果と副作用

男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、プロペシアがあります。この病気に悩む多くの男性が使用し、治療効果を得ています。ここでは、プロペシアにどのような効果があるのか、またどのような副作用のリスクがあるのかを取り上げます。

 

プロペシアの効果

 

プロペシアが男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用されているという性質上、効果としてはこの疾患に効くということが挙げられるでしょう。

 

男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンとされていますが、このホルモンの生成を抑制する作用がプロペシアにあるといわれています。ジヒドロテストステロンの生成を抑えることにより、毛髪が細く短くなること、抜け落ちることを防止する効果が望めるでしょう。

 

また、毛髪が逆に太く長くなることにより、全体的に薄毛が目立たなくなるという効果も期待できるのです。なお、1日1錠を服用することが基本となりますが、増量したからといって効果がアップするということはありません。

 

プロペシアの副作用

 

他の薬にもいえることですが、プロペシアにも副作用が起こるリスクがあります。プロペシアを服用することにより起こり得る症状としては、かゆみ、じんまじんなどを引き起こす人が多いといわれています。

 

また、これは滅多にある副作用ではありませんが、勃起付機能不全や精液量減少などが起こるケースがあります。仮に副作用を自覚した場合、体調に異変を感じた場合にはすぐに医師に話をし、適切な対処をしてもらいましょう。